本文へスキップ

西銀座チャンスセンターや大阪駅前第四ビル特設売場や名駅前チャンスセンターや新橋駅烏森口ラッキーセンターなどの高額当選続出売場でグリーンジャンボ宝くじを購入代行サービス

開運★当り隊では宝くじ購入方法が、連番・バラ・縦バラ・特バラ・特連・ぶっ通しなどで、大安と一粒万倍日と天赦日と発売初日に購入代行致します。

西銀座チャンスセンターや大阪駅前第四ビル特設売場や名駅前チャンスセンターなど高額当選続出売場でジャンボ宝くじの高額当選にチャレンジ!

年末ジャンボ宝くじ宝当神社で高額当選祈願

ジャンボ宝くじは、高額当選が過去に多く出た売り場で買ったほうが、当選確率は結構高くなるんじゃないでしょうか?
1年間に1本以上の高額当選が出る宝くじ売り場は日本全国探してみてもかなり少ないものです。
しかし、中にはジャンボ宝くじの度に年間何本も高額当選が出ている宝くじ売り場が在るのも事実です。
発売枚数が多いから当たるのは当たり前!という意見もありますが、同じ買うなら高額当選が多く出ている売場で買いたいものです。
夢を夢で終わらせない為にはやっぱり確立という要素も見逃せないのではありませんか。
しかし、遠方から毎回のように東京や大阪や名古屋に行くのは大変な事ですね。
そこで、開運★当り隊のジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスなのです。
開運★当り隊では、宝くじの御利益があると言われている開運神社、佐賀県唐津市の宝当神社や鳥取県日野郡日野町の金持神社で高額当選祈願も致します。
年間5回あるジャンボ宝くじの度に、高額当選続出売場で発売初日・大安・一粒万倍日・天赦日に宝くじを購入し、宝くじ開運神社で高額当選祈願をする!
これで億万長者へかなり近づくのではないでしょうか。

西銀座チャンスセンターでは2015年の年末ジャンボ1等10億円を出し、2016年はグリーンジャンボ宝くじ1等6億円とドリームジャンボ宝くじ1等7億円を出しています。
名駅前チャンスセンターでは、2015年の年末ジャンボ宝くじで10億円を出して、22年間も連続で年末ジャンボ宝くじの1等大当たりが出ています。
大阪駅前第4ビル特設売場では2016年のグリーンジャンボ宝くじ1等6億円を出していて、2015年の年末ジャンボ宝くじでは日本で唯一1等10億円を2本20億円も出しちゃったので、大阪の売場で宝くじを買わないと最大級の後悔が訪れますね。

大安や一粒万倍日や天赦日では混雑が予想されますので、防寒対策をして心の準備をして気合い十分頑張って売場に行きましょう。
寒い中長い時間並ぶのが嫌な方や遠方で売場に行けない方は、開運★当り隊のグリーンジャンボ宝くじ購入祈願代行サービスのお申込みをお待ちしております。

2017年度グリーンジャンボ宝くじ
購入代行サービス

第713回全国自治
グリーンジャンボ宝くじ

発売期間:2月22日から3月17日
抽選日:平成29年3月24日
発売予定額:420億円(14ユニット)

第713回全国自治グリーンジャンボ宝くじ券
1等3億円
14本
前後賞1億円
28本
組違賞10万円
1386本
2等2000万円
42本
3等10万円
14000本
4等3000円
1400000本
5等300円
14000000本
春のつぼみ賞1万円
280000本

東京・西銀座チャンスセンター

平成の億万長者が2016年10月の時点で473人740億円も出ています

宝くじ発売初日の窓口で売場に殺到する大勢のお客さん

日本で一番有名な宝くじ売り場ですね。ジャンボ宝くじの発売が開始されると、テレビや新聞や雑誌等の取材が物凄いです。
皆さんも何度もテレビ番組の特集やニュースで目にしている事でしょう。

宝くじ発売初日のイベントのサンバカーニバルです

2009年に、西銀座デパートチャンスセンターから、西銀座チャンスセンターに名前が変わりました。
宝くじ発売初日のオープニングイベントは見ごたえが有りマス。

年末ジャンボ宝くじの発売初日に宝くじを購入して大きな看板の前で記念撮影

最近は特バラ100枚セットの販売にかなり力を入れているようですね。
2016年度もグリーンジャンボで1等6億円やドリームジャンボで1等7億円を出して、ほとんどジャンボの度に1等を出している驚異の開運宝くじ売場です。

大阪・大阪駅前第四ビル特設宝くじ売場

2016年10月時点で平成11年からの1等2等の合計当選本数が285本合計金額が534億円も出てます

売場に物凄いお客さんの数が宝くじを買いに来ている全景

西日本ではナンバーワンのジャンボ期間中だけ営業をする特設売場です。
3大ジャンボ宝くじ(ドリーム・サマー・年末)で日本一高額当選が多い売場です。

大阪名物の10億円ディスプレイで記念撮影

この売場で買わなければ当らない!と思っている方も多いのではないかと思います。
2015年度の年末ジャンボでは日本で唯一1等10億円が2本も出ました。

窓口でジャンボ宝くじを大量に購入代行サービス

連番・バラ・縦バラ・ぶっ通し・特バラ・特連・タテ連・ダブルにトリプルなど日本一多彩な購入方法も魅力的な宝くじ売場です。

名古屋・名駅前チャンスセンター

2016年10月の時点で1億円以上の宝くじ高額当選が250本も出ています

名駅前の看板が見えなくなる位にお客さんが来店している売場

名駅前チャンスセンターでサマージャンボ1等7億円が日本全国で唯一の2本14億円も出ました!

窓口の上には派手な龍の看板が描かれています

皆さんも何度もテレビや雑誌などで目にしている事でしょう。
グリーンジャンボやオータムジャンボでも毎回のように高額当選を出し続けているコンスタントな売場です。東海地方で一番有名な宝くじ売り場ですね。ジャンボ宝くじの発売が開始されると、テレビ等の取材が殺到します。

売場の前で購入した宝くじで記念撮影

2015年度の年末ジャンボ宝くじでも1等を見事に出して、年末ジャンボでは22年連続で1等を出している事になります。
2016年度のドリームジャンボから特バラ100枚セットの販売が開始されて元気一杯な売場です。

東京・浅草橋東口駅前秀じい宝くじ売場

浅草橋の宝くじ販売員「秀じい」21年で20人の億万長者を輩出

浅草橋駅東口前秀じい売場の全景

浅草橋駅東口秀じいの売場でサマージャンボ宝くじ1等7億円が出ました!

21年間で20人合計金額40億円を出している、JR総武線浅草橋東口駅前売場、イメージカラーの黄色に統一された中央のボックスに座る「秀じい」こと森秀夫さん84歳。テレビや週刊誌等で毎度おなじみの超有名人ですね。
秀じいはこの場所で宝くじを50年間近くも売り続けているそうです。
以前は、ジャンボ宝くじの発売期間中、なんと!始発から終電まで営業していたそうです。
現在は、朝8時くらいから夜8時くらいまでの営業時間となっています。
最近では2015年のドリームジャンボ1等7億円や2016年の新春運だめしくじ1億円も出しています。
幸運を招く秀じい、キャッチコピーは「狙うぞ!金剛力で大当たり」。

狙うぞ金剛力で大当たりと書かれた看板

秀じいは宝くじを真っ赤な「宝袋」に入れて、店内に飾られている打ち出の小槌に丁寧に擦り合わせてから客に手渡す。
チリンと響く鈴の音は、いかにもご利益がありそうです。
昔、宝くじを当てたお客さんがお礼に打ち出の小槌をくれたのが始まりだそうです。
「当たった人の幸せを他のお客さんにも分けてあげようと小槌で宝くじを擦るようになったんです。そしたら次々と当たった人たちが小槌を買ってきてくれるようになってね」との事です。
秀じいのアドバイスは「とにかく買うこと!買わなきゃ当たらんからね!」

神奈川・横浜ダイヤモンドチャンスセンター

神奈川県ナンバーワン売場です。97人もの億万長者を出しています。

大当たりの名所と書かれた大きな看板がある売場の全景

マスコミや雑誌などに登場している神奈川県でナンバーワンの宝くじ売場ですね。
8年間連続で合計33人の億万長者を輩出し、48億円もの当選金額が出ております。累計では97人もの億万長者が誕生しております。

売場の前で購入した宝くじを抱えて記念撮影

2013年のドリームジャンボでも1等が2本も出ておりますし、2014年のグリーンジャンボでも見事に1等前後賞5億円が出たようです。
2016年の1月に売場が引っ越ししてリニューアルオープンしました。
2016年のドリームジャンボでは、ミニ7000万の一等が2本も出て絶好調のようです。

東京・有楽町駅中央口大黒天売場

2004年から2016年1月時点で1億円以上の高額当選が40本も出ています。
今までの高額当選実績は累計で184億円を突破しております。

黒天売場で宝くじを購入している私

この売場は意外とこじんまりとした場所にありますが、御利益がありそうな 雰囲気がプンプンしています。毎回ドンドン派手な装飾になっていきます。

売場の前には大黒天様がディスプレイされています

めずらしい大黒天様も飾られています。 神頼みが好きな方にはたまらない売場ですね。
2015年度年末ジャンボ宝くじでも1等10億円を出して乗っている売場ですね。
2016年9月に売場の装飾がリニューアルされて、白一色のキレイサッパリした売場に生まれ変わりました。

東京・新橋駅烏森口ラッキーセンター

2004年から2016年1月の時点で1億円以上の宝くじ高額当選が56本も出ています

新橋駅烏森口ラッキーセンターの売場全景

ここの売場の規模はなかなかデッカイです。これだけ派手に宝くじを売っているのでやっぱり派手に高額当選が出ています。

売場の前で購入した宝くじを持って記念撮影

この売場に来ると、当りそうな予感がビンビンきますね。是非お奨めです。

静岡県浜松市・マスミ

浜松マスミの売場の全景を斜めから撮影

すでにご存知の方も多いと思いますが、マスコミや雑誌などによく登場している有名な売場ですね。
ジャンボ宝くじで1億円以上の当選本数が、通算で1等52本2等28本も高額当選が出ています。

売場の前で購入した大量の宝くじを抱え記念撮影する私

ビックの10億円も出ておりますし、2013年末ジャンボミニの7000万円も1等が出たようです。

東京・池袋駅東口西武線構内売場

2004年から2015年3月時点で1億円以上の高額当選が30本も出ています

西武池袋駅の大きな看板

この売場は規模は小さいけれども、高額当選出てます。何気なく宝くじを買っていく人が多いけれど、結構当っているんですね。あなどれないです。

売場の前で購入した宝くじを持ち記念撮影している私

平日は早朝7:00から営業しているので非常に便利な売場です。

山口県宇部市・宇部琴芝チャンスセンター

長い行列が発生している宝くじ売場

山口県は、都道府県別の高額当せん率が全国7位と高いのですが、今最も注目を集めているのは奇跡の売り場と呼ばれている山口県宇部市の宇部琴芝チャンスセンターでしょう。
最初の奇跡は、2009年の年末ジャンボで1等が2本出ました。
地方の小さな売り場で当せん確率500万分の1の1等が2本も出ること自体信じられませんが、2010年、2011年と3年連続して年末ジャンボで1等を出しています。
この確率だけでも天文学的数字ですが、さらに2012年のドリームジャンボでも1等を出した事で奇跡の売場と呼ばれるようになりました。
売り場の販売枚数は公表されてませんが地方の売り場は1回のジャンボ宝くじで10万〜50万枚を販売するといわれています。

売場の前で購入した大量の宝くじを抱えて記念撮影

2011年の年末ジャンボは山口県全体で579万枚しか売られていなかったことを考えると、宇部琴芝チャンスセンターの強運ぶりは特筆モノといえるでしょう。
売場の方は、「宝くじの神様で知られる佐賀の宝当神社でお守りを授かりました。
数年前から売り場の正面に置くようにしてから高額当選が続出するようになったのです。ご利益が出ているのではないでしょうか」と語る。

西銀座チャンスセンターや大阪駅前第4ビルや名駅前チャンスセンターなど日本全国高額当選続出の宝くじ売場を厳選

発売初日・大安・一粒万倍日・天赦日に購入代行サービス

西銀座売場前

佐賀県唐津市の宝当神社や鳥取県日野郡の金持神社や岐阜県岐阜市の金神社や栃木県間真岡市の大前恵比寿神社で高額当選祈願

開運★当り隊の
西銀座チャンスセンター
グリーンジャンボ宝くじ
購入祈願代行サービス

宝当神社の本殿

開運★当り隊は創業12年の
安心代行サービスです!