本文へスキップ

宇部琴芝チャンスセンターでは2009年は1等3億円が2本、2010年1等3億円、2011年1等3億円と3年連続して年末ジャンボ宝くじで1等を出しました。

宝くじ購入祈願代行サービス-開運★当り隊

山口県宇部市の奇跡の大当たり売場として億万長者をバンバン輩出しています

山口県は、都道府県別の高額当せん率が全国7位と高いのですが、今最も注目を集めているのは奇跡の売り場と呼ばれている山口県宇部市の宇部琴芝チャンスセンターでしょう。最初の奇跡は、2009年の年末ジャンボで1等が2本出ました。
地方の小さな売り場で当せん確率500万分の1の1等が2本も出ること自体信じられませんが、2009年、2010年、2011年と3年連続して年末ジャンボで1等を出しています。
この確率だけでも天文学的数字ですが、さらに2012年のドリームジャンボでも1等を出した事で奇跡の売場と呼ばれるようになりました。
売り場の販売枚数は公表されてませんが地方の売り場は1回のジャンボ宝くじで10万〜50万枚を販売するといわれています。
2011年の年末ジャンボは山口県全体で579万枚しか売られていなかったことを考えると、宇部琴芝チャンスセンターの強運ぶりは特筆モノといえるでしょう。

年末ジャンボ宝くじ-2015年12月17日大安

暗闇に包まれて元気な姿の宝くじ売場売場の前で購入した宝くじをバックに詰めて記念撮影

本日最後の宝くじ購入です。山口の宇部琴芝に到着したのが17:30になってしまい、外は真っ暗になっちゃいました。
宇部琴芝チャンスセンターでは5400枚の年末ジャンボ宝くじを購入代行サービス致しました。

年末ジャンボ宝くじ-2014年11月23日大安で一粒万倍日

山口宇部空港に到着空港内の大きなクリスマスツリー

山口宇部空港正面で到着の記念撮影をしました。空港内の大きなクリスマスツリーもあり盛り上がります。

行列が200メートル位伸びている状態多くのお客さんで大賑わいの宝くじ売場

売場は行列が200メートル位伸びている状態です。多くのお客さんが押し寄せてきて、さすがに大安で一粒万倍日という大吉日です。

宝くじを抱え窓口の前で記念撮影宝くじをバックに詰めて記念撮影

購入した4000枚の宝くじを抱えて窓口の前で記念撮影です。ノベルティーグッツなども頂いてバックがパンパンになりました。

山口県の宇部市で宝くじの高額当選が出ているとの事で、やって来ました初上陸の宇部琴芝チャンスセンターです。
11月23日大安で一粒万倍日に約4000枚の年末ジャンボ宝くじを購入代行致しました。
売場は噂通りに中々の盛況ぶりでした。
東京からは日帰りで行ってきましたが時間には余裕があり、食事も堪能しました。

ナビゲーション